どーもこんにちは^ ^

tk(ティケイ)こと、タケダです。

季節も進行してバス達も動き出してきた、今日この頃。

SNSにて春爆の釣果報告なども、ちょくちょく目にする様になってきましたね^ ^

さて今回は「EVERGREEN」菊元さんの新作スモラバトレーラーワーム

[アントライオン]が気になったのでご紹介させて頂きます。


EVERGREEN[アントライオン]

出典:EverGreenFishing

エバーグリーンのyoutube公式動画ページ(EverGreenFishing)にて

菊元さんの新作ワーム「アントライオン」なるワームでの実釣動画が公開されていました。

「菊元さんが開発されたスモラバトレーラー、これはめちゃくちゃ気になるよね😚」

という事で少し調べてみました^ ^


特徴

出典:菊元俊文 オフィシャルブログ

4本のツメ

まず1番の特徴は見て取れる様に、多彩なパーツの数々。

特に頭元から伸びる大きな4本のツメ。

このツメが水中で、抵抗となり着底後「土下座アンクション」ならぬ、独特の倒れこみが起こる見たいです

着底後から完全に倒れこむまでの「間」って本当に重要ですよね😄

これは菊元さんが以前デザインされた、キッカーバグにも通ずる点があると思いますね。

(頭の二本がクワガタの顎っぽく見えるのは自分だけ…笑)

後方重心のボディ

コンパクトな見た目ですが、ボディ部分はファットなデザインにすることで、後方重心設計のボディになってる見たいですね。

後方重心による飛距離性能のアップも期待できるデザインになってる見たいです。

これは陸っぱりからもボートからもありがたい設計ですね^ ^

特に自分なんかはベイトフィネスを軸に釣りをするので、キャストのアキュラシーの制度アップにも効果が期待できますね😄

ボディから伸びる足

ボディ部から伸びる無数の足

これも一つ一つ見ると、細かい細工がされてますね😊

ただの足をつけるだけでなく、先端に水を掴むリブをつけるという拘り。

人の目から見ると小さな変化も、現代のバス達には違って見えるんでしょうね😊


名前の由来

「アントライオン」と不思議なネーミングの由来は…

「アリ+ライオン?」

と疑問でしたが「アリジゴク」という意味見たいですね😳

バスが一度「アントライオン」が目に入ると、アリジゴクのアリの様に抜け出せなくなる

キラーベイトとしてネーミングされた見たいです。

てっきり自分は菊元さんがスモラバをするときによく耳にする「アリンコウォーク」から来てると思っていました(笑)

※アリンコウォーク=アリが歩く位のスピードで、スモラバをズル引きする釣法。


Movie

youtube内の[EverGreenFishing]でアップされてる「アントライオン」実釣動画も載せておきますね。

「アントライオン」の情報も説明されてる動画ですが

スモラバの扱い方なども非常に参考になりましたので必読をオススメ致します😁


ブログ

一緒に菊元さんのオフィシャルブログも載せておきます。

マメに更新されていますし、菊元さん自身が使われている

タックルやアイテムなんかも紹介されていて非常に為になるので、自分も楽しく読ませて頂いてます。

まだ読まれた事のない方は是非😆


最後に

菊元さんがスモラバのトレーラーとしては、初めてデザインされた「アントライオン」

最初にして最高の自信作との事のなので、自分にとっても非常に期待大のNEWアイテムです^ ^

まだこれからソルトの比重や硬さのバランスを調整される見たいなので販売時期は不明ですが、販売までの期間が待ち遠しいですね^ ^

ちなみにトレーラーとしてだけでなく、ダウンショットやキャロにもオススメ見たいです😁


では最後まで読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

画像出典:菊元俊文 オフィシャルブログ