どーもこんにちは^ ^

tk(ティケイ)こと、タケダです。

先週、日曜日にフィッシングショー大阪に、参加して来たのですが


実は、その前日の土曜日に、ギリギリ「1ヶ月ノーフィッシュ」を、回避出来たので、その釣果報告を書いていきます。


2017-02-04

天候 晴れ

気温 2〜13℃

風速 2m


one-manで、run&gun

今日は、1人で、one-man釣行です。

どうしても魚に触りたかったので、いろんなポイントをrun&gunして行くことに。

この日は、早朝は霜が降りていたものの、日が上がると、少し汗ばむほどの陽気。


ネコも気持ちよさそうに日向ぼっこしていました。(笑)


最初のポイントに到着。

8:00 a.m.

とりあえず、朝一ポイントに到着。

この池は、丘からも比較的ディープにキャスト出来て、以前の釣行でも友達が良型のバスを釣り上げた実績場。


ここでは、O池と呼ばせて頂きます。

このO池に到着して、まず気づいたのが、水面に泡が消えずに点々と残っている点。

冬って、クリアアップするイメージだったのですが、水が悪いのか、はたまた水面だけなのか…

この時期の水質悪化ってなんでだろ、誰か教えて?(笑)

写真撮っておけばよかったのですが…、ターンオーバーで水面に残る泡みたいな感じ。

と、まあ水質に不安な点はあるものの、釣りスタート。

(レッグワーム2.9、5gシンカー)

とりあえず、朝一はレッグワームから。

今日はディープを丁寧に攻めようと、心に決めていたので

ワンキャストに時間をかけて、丁寧にシェイクしながらゆっくり引いていきます。

ですが、1時間たっても、ノーバイト(^_^;)

水も悪そうだし、釣れる雰囲気がないので、移動!


M池へ

10:00 a.m.

お次は過去にも、登場してるM池。


この池は、冬にもかかわらず今だにウィードが枯れきってないフィールド。
 

ラインだけ結び直して、引き続き「レッグワーム」で探っていきます。

ウィードを外して、また落として、外して、落として…

その後も、アバカス、ピンテールワームも試しましたがノー感じ。

「釣れる気がしねぇ〜」っと、こちらもサクッと移動を決意。


K池へ

12:00 a.m.
こちらも以前から登場しているフィールド。


上記の記事、2番目に訪れた池です。
 

ここからはK池と呼ばせて頂きます。

移動+早めの昼食で、K池に着くと早くもお昼。

午前中、ノーバイトで、不穏な空気が流れています。


気分を変えるため、こちらでは今季、1番釣果が安定してる「アングリースティック」に変更してスタート。
 

2投、3投と時間をかけてキャスト。

すると、かすかに魚に触れたような感触が

「ん?」っと、違和感を感じ、静かに竿先を下げて、慎重にあたりを聞き直します。

すると、「コクッ」と、かすかに頷く様なバイトが∑(゚Д゚)

「おっしゃ来た〜」と流行る気持ちを抑えて

あたりが弱すぎたので、慎重に、もう一度あたりを取ります。

「コクッ」、「コクッ」、「クッ!」っと竿先が軽く入ったタイミングでフッキング。

「おっしゃ乗った!」と、苦節1ヶ月の引きに、歓喜しながらもゆっくり寄せていきます。

全く泳がないので、逆になかなか寄って来ません(笑)

バスの口を掴んだ瞬間、「おっしゃ、取った〜」と、ぼっちで、軽い雄叫び。笑

先に言っておきますが、大したサイズではありません。


逆光で、画面が全く見えず、サイズが綺麗に撮れてない(^_^;)

「まあでも35前後です」

ただサイズじゃなく嬉し過ぎる魚(≧∇≦)笑

「冬のバス釣りは、これだから止められない」笑

⭕️辺りでバイト。

釣れたのは、軽く岬状になっていて、ディープが絡むポイント

やはり釣れる条件が複合するポイントでした

朝から暖かく、直射日光で水温が上がったのも、1つの要因ですね。

ハイシーズンなら飲まれるほど待ったのに、この位置にフックアップ。(^_^;)

この後も、「もしかしたら溜まってるかも」

と、淡い期待を抱いて、同じ場所にキャストをしますが…

「そんなに甘くないよね」(笑)

ということで、1時間ほど粘りましたが、後が続かないので移動。


次のポイントへ

2:00 p.m.

こちらも当ブログで、度々訪れるフィールド。


この池でも、今日掴んだ、“ディープに絡む変化”を探しながらrun&gunしていきます。
 

こちらでは、少しテイストを変えて「ピンテールスティック」にチェンジ。

点々と、目ぼしいところにキャストしていきます。

「あそこ水深ありそうだな」

と、水中へと倒れた、倒木の先端辺りにキャスト。

すると、「コンコン」と小さいアタリ。

「よっしゃ狙い通り」と

先ほどの魚同様、慎重にアタリを聞いてと竿先を上げよう…、とした矢先

急にバスが走り出しました∑(゚Д゚)

急なツッコミに「マジか⁉︎」となりながらも、なんとか合わせてフッキング💦

上がってきたのは子バスですが

「こいつのツッコミ、ヤバかった😅」

この後も、子バスの元気さに期待してキャストするも、嘘の様な沈黙でした。

翌日の「フィッシングショー」に備えるため、この日はここで終了。


あとがき

この日、やっと取れた執念の1匹。(笑)

いつもの様に、ただ闇雲に、池のど真ん中にキャストするだけでなく。

(ディープ+何か)と幾つかの“釣れる条件”を意識したことで、取れた魚でした。

釣れないからと躍起にならずに、「一投を丁寧に」を学んだ日でした。

(まあただ単に、水温上がって、魚のスイッチが入る瞬間に、当たっただけかもですが…😂)


最後まで読んで頂き、ありがとうございました。m(_ _)m