どーもこんにちは^ ^

tk(ティケイ)こと、タケダです。

さてさて、ついに待ちに待った、「大阪フィッシングショー2017」

何ヶ月も前から、「早く来ないかなぁ」、「早く行きたいなぁ」と、うずうずしておりました。^ ^

心待ちにしている方も多いのではないでしょうか?


フィッシングショーで、やりたい事

そんな心待ちにしてた、フィッシングショー大阪。

自分の場合、釣り仲間数人と乗り合わせて、一緒に行くので

「滞在時間が読めない!」、ということで

あらかじめ、「絶対見たい物」をまとめておこうと思います。

「あっちも」、「こっちも」と、思惑通りには進みそうにないですが…。(笑)


JACKALLは外せないよね^ ^

今年の「JACKALL」からは、目が離せないですね。

レゼルヴ

まずは、なんと言っても、DSTYLEとの共同開発「レゼルヴ」は、注目必須ですよね。


 

トップトーナメンターの青木大介さんの発想力を

確かな技術力のJACKALLさんが表現した

「トップウォータープラグ」となると、どーしても注目してしまいます。

「あれ?でも、どっちのブースにあるの?」。

「まっ、両方行けばいいか」(笑)

スパイテール

こちらも、フィネス的なアプローチができる、要チェックなプラグですね。


 

スローリトリーブでI字形のように、リトリーブスピードを上げるとS字に艶かしく泳ぐ、とサイト好きには、たまらないルアー。

クリアレイクでの、「新定番アイテム」になりそうな予感♪。

マイクロポンパドール

こちらもコンパクト化された羽根モノプラグですね、「レゼルヴ」とはまた違ったアプローチができそうですね。

「今年は、スピニングPEの需要が確実に増えますね」。(笑)

釣りよかでも紹介されてます

YouTubeの動画チャンネル「釣りよかでしょう」でも、JACKALLの新製品が紹介されてますね。
 


釣りよかメンバーも、フィッシングショー大阪に参加表明されてますので、気になる方は行ってみては?


ダイワで「タトゥーラSVTW」が見たい

今まで、ジリオンSVTW、スディーズSVTW、と来て

その遺伝子を、惜しみなく注入された、低価格帯の「タトゥーラSVTW」

「これはズルいですよ、ダイワさん」(笑)

ただ、ジリオンSVTW、スディーズSVTWが、あってこそ生まれたリールだと思います。

そのことについて内山プロも語ってくれてます。

こちらのブログ記事も要チェック!

タトゥーラSVTWを見に行く、予習になります。



 

自分がいつも読ませて頂いている釣りブログの方々も、挙って記事にしているあたり、かなりの注目度を予感させる「タトゥーラSVTW」

「自分はこんなコアな記事、書く自身がないので、写真だけ撮ってきます…」。(笑)


RYUGIブースでNEWアイテムをチェック

こちらも、自分が個人的に注目しているアイテム。

特に注目なのが、「ストックバックⅡ」

現在使用してる「アイテムバック」が、少し手狭になって来たので、「サイズ感なんかも見たいなぁ」と思ってます。

(現在所有のアイテムバック、デザインも、結構好評です)


EVERGREENブースで、ギズモを見たい

こちらも以前紹介した、EVERGREEN「FACT」のNEWアイテムGizmo(ギズモ)。


 

コンセプトが「浮くスモラバ」という事で、フィネ太郎の自分には、“ツボ”なアイテム。(笑)

これは是非ともチェックしたい。


普段聞けないようなコアな話を聞きたい。

正直な話、この情報社会で、ある程度は情報や知識が入っていて、「確認作業」をする為に行く様なもの。(笑)

(フィッシングショー大阪で、初公開もあるかもですが…)

それでも現場に赴くのは、数々のトッププロが勢揃いして

「あらゆる場所で、目から鱗な情報が飛び交っているから」に限ります。

まあ、年に一度の、お祭り感覚でもありますが(笑)

「コアな話を聞いて、刺激を受けたい!」、これが、1番の目的かもしれません(。-_-。)


最後に


 

考えてみたら、2ヶ月も前から記事にしてた。

「どんだけウキウキ気分やねん…」

「でも、まぁあれです、楽しんで来ます」( ̄^ ̄)ゞ

最後テキトー(´Д` )笑


最後まで、読んで頂きありがとうございました。m(_ _)m