どーもこんにちは、tk(ティケイ)こと、タケダです。(。-_-。)

日曜日、久々の釣行で気温も安定していて、釣る気満々で挑んだのですが、見事玉砕_| ̄|○笑

スモラバから、ダウンショット、メタルバイブと自分の思いつく限りを尽くしましたが…

ノーバイト、ノーフィッシュでした

冬のノーバイトはキツイっすね(´Д` )笑

突破口にすら、擦りもしない完全な敗北でした。(T . T)

ガチで魚狙ってたのでブログ用の写真を一枚も撮らず(笑)

「ノーバイト、ノーフィッシュの釣果報告は辛すぎる…(T . T)」。

という事で今回は、釣行中メタルバイブを使っていて、思うことがあったので、その事について書いていきたいと思います。


メタルバイブって本当に冬の最終手段なの?

メタルバイブのイメージって皆さんどう捉えてますか?

自分的には、「冬の最終手段」

「リアクションで、動けない魚を反応させる」、等

冬のバスフィッシングの、ファイナルウエポン的な感覚で、使っていたのですが
 

今回の、釣行でリフト&フォールしながら「本当にそうなのかな…?」と考えていました。


メタルバイブのメリット

冬、メタルバイブを陸っぱりで、使うメリットとして

・ 空気抵抗の少ないフォルムでの遠投性
 

・ 底に到達するフォールスピードの速さ
 

・ 素早くチェックできるテンポの良さ
 

・ 手元に伝わる明確なバイブレーション
 

・ ダブルフック、トレブルフックからくるフックアップ率の高さ
 

・ フラッシング(明滅効果)からくるリアクシ ョン効果
 

メタルバイブは、個人的に、あまり好みではないですが、考えてみるとメリット多い…(笑)


メタルバイブのデメリット

メタルバイブを使用していて感じるデメリット。

・ フックがむき出しで、根掛かり仕放題
 

・ 枯れたウィードや枝など、沈殿物を拾ってくる
 

・ ラインが絡んで、エビになりやすい
 

・ 実は、魚の取りこぼしが多い気がする
 

自分がメタル嫌いな理由が、これなんですよね。

メタルバイブ特有のラインが絡む「エビ現象」。

ハードプラグ全般に言える事ですが、特にメタルバイブは

キャストするたび沈殿物を拾ってくる。(一旦底に着くので当たり前ではあるのですが)

そう、1番のデメリットは、メリットでも上げたテンポの良さが場所によっては消えてしまうと言う点。
 

野池などで、枯れたウィードが底に残ってる事が結構あるんですよね(^_^;)

2、3回リフトするともうウィードが絡んでまともに動かなくなって

回収してフックからウィードを外してと、極寒のフィールドでは、ストレスでしかありません。(笑)

多メーカーから、乱立するメタルバイブ、もう販売してない、メーカーの方が珍しいほど一般化した、冬のマストアイテム「メタルバイブ」。(笑)

結局、何が言いたいかと言うと、「メタルバイブの有効性はわかりましたが…、もうそろそろ次のステップ、新しい冬のバス釣りアイテムが欲しいな^ ^」というお話。


引っかからないメタルバイブを妄想する

現在のバスフィッシングで1番スナッグレス性が高いのが

「オフセットを使ったノーシンカーリグ」だと思います。

そこから想像すると、まず頭に浮かんだのが、ソフトマテリアルと、中にウエイトが埋め込んである、JACKALL「マスクバイブジーン」です。

少し調べてみると


他にも面白いアイデアが色々と∑(゚Д゚)笑

マスクバイブ自体、トレブルフックですが、あれをオフセット仕様にして、フラッシングを意識したカラーにすれば…

そーいえばクローンギルをチューンするって方法も…

「ヘビーウエイトの小型ギル型、オフセット仕様、どっかのメーカーで作ってくれないかなぁ」(。-_-。)

なんて妄想してしまいます。

「問題はアタックバイトはどーすんの?」ってところですが…(笑)。

まあ真冬にボウズ食らって、いじけて痛い妄想してる素人なんで、勘弁して下さい。m(_ _)m笑

「とにかく、なんでもいいから、冬バス釣りて〜」と思う今日この頃でした。


Instagram、twitter、facebook、各SNSもブログタイトルと同じ[bank-angler]で登録してますので

(良い、悪い)問わず、コメントを残して頂けると嬉しいです。^ ^

では、最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(_ _)m