どーもこんにちは^ ^

tk(ティケイ)こと、タケダです。

そろそろ今期ドラマが始まりますね。

自分的に気になってるのはSMAP解散後、初となる草彅剛さん主演の「嘘の戦争」ですね。

前作の「銭の戦争」が面白かったので期待大です。^ ^

ドラマって見出すとハマっちゃいますよね(笑)


はじめに

さて、今回は“陸っぱり”に関して、1番重要と言っても過言ではない、[タックルバック]について書いて行きたいと思います。

ところで皆さん、人のタックルバックの中身って気にならないですか?

ボートで釣りする人でも、他人のボートの仕様やタックルボックスの中身って気になりますよね。

ちなみに自分は“めちゃくちゃ気になる派”です。(笑)

【タックルバック】なんか検索しちゃって結構見ちゃうんですよね。

なんで、「見てばっかりで悪いな」って事で自分のタックルバックの中身も晒そうと思います。(笑)

という訳で、自分のタックルバックの中身「ハードプラグ編」です。


ハードプラグ編

まず、使用しているボックスは「メイホウ」VS-904マルチ。(留め具のカラーは変えてます)
この1つ大きいVS-906もお気に入りで、多分合わせて10個近く持ってます。
今回は冬仕様ですが、まあ夏でもトップ系が増える位です…。(笑)
 

  1. フラップスラップ
    こちらは「メガバス」のルアーになります、このルアーの良い所と言えば、ジャークベイト的にも使える、フラットサイドクランク的にただ巻きでも使える、と非常に多彩なルアーで、中でもフラッシング(明滅の強さ)は、他のルアーより頭1つ抜けてるんじゃないかという印象。
     

  2. ダイビング フラップスラップ
    上記のルアーの「潜るタイプ」、浮上の“フラつき”が、自分的にはこちらの方が好みです。
    自分がフラップスラップに興味を持ったのは hebinuma.comさんのこちらの記事から。


    強い人が使うルアーって気にならないですか?笑
     

  3. TNトリゴン50
    圧倒的な飛距離、ディープレンジを引くにはピッタリのTNトリゴンしかも、根掛かり回避能力もUPしてるんじゃないかな?と個人的に考えています。
    以前の釣行で友人のモンスターバスを連れてきてくれたのもこのTNトリゴンの60でした。


     

  4. ASURA 925SP
    O.S.Pの定番“小型ジャークベイト”、冬のジャークベイトパターンがやりたくて入れてますが、正直まだまだ使いこなせてないです。(笑)
     

  5. ソウルシャッド62DR
    こちらもシャッドのど定番、基本的にただ巻き、ストップ&ゴーで使用しています、シャッド、ミノー系は練習中です。(笑)
     

  6. Bait-X 3/8oz
    メガバスのクランクになります、潜行角度が急で最大潜行深度に到達が早いのがお気に入りポイント。


メタルバイブ編

  1. リトルマックス 3/8(多分)
    安定のメタルバイブ代表、エバーグリーン「リトルマックス」、メタルバイブが乱立してきた今となれば、特徴は少ない方ですが、とりあえずメタルやりたいなら“これ”だと思います。
     

  2. レベルバイブ ブースト 11g
    普通のメタルバイブでは、ちょっと強すぎるかな?って時に使うにはピッタリのルアー。
    自分の中では、ソフトルアーのリアクションと、メタルバイブの間的な存在です。
     

出典:DEPS

ちなみに1番好きなメタルバイブは最近ロストしちゃったサーキットバイブです(笑)

基本的にルアーはストックはしません、ロストして必要に迫られたら買うみたいな感じです(笑)


さいごに


ハードプラグ自体、使用率はそこまで高くはないですが、だいたいこれぐらいに絞って持っていきます。

自分のスタイル的に、タックル1本、バック1つのという身軽な方が好みなのでプラグはボックスに収まるだけしか持っていきません。


最後まで読んで頂きありがとうございます。