どーもこんにちは。

tk(ティケイ)こと、タケダです。m(_ _)m

今回は2017を迎えて、一発目の“初釣り”の釣行記録について書いていきます。


  • 2017-01-04 (水)

  • 天候 晴れ

  • 気温 3〜15℃

  • 風速 4m


釣り場に到着

7:00 a.m.

この日は友達と、「初バス釣りて〜な」って事で、朝から釣行スタート。

この池は過去記事「一週間ぶり、待ちに待った釣り」でも訪れた実績ポイント。

まず最初にラインに結んだのは
(参考)

この冬もっとも信頼しているアングリースティックのダウンショット。

湖面に近づくと足元で「バチャバチャ」と言う音が⁉︎

「えっ、さかな?」

と真冬のドシャローでの生命感に、軽くビビりました。笑

ブラックバスかは分かりませんが、とりあえず跳ねたあたりにキャストします…が反応はありません。

気を取り直して釣りスタート、…しますがアタリはありません。

「やっぱ、厳しいな」と思いながらもキャストしていると

突然「ブチッ」と言う音とともにルアーが水面を叩きます

それと同時に新年早々、再起不能の「大バックラッシュ」。

ラインを回収するとワームだけ結ばれた状態で、シンカーだけ飛んでいくというファインプレー。笑

「こんなん初めてや」とぶつくさ言いながら車に戻ります。


いきなりの巨バス登場⁉︎

車に戻りラインを巻いてると突然友達が「お〜いちょっと来てくれ‼︎」と叫びます。

『何があったんや⁉︎』と急いで向かうと、、、

巨バスを掴む友人の姿が∑(゚Д゚)

「デ…、デカい‼︎って言うか、太っ‼︎」

「やったやん、デカいやん♪」

「なんか琵琶湖のバスみたいやな」

と喜びを分かち合います。笑

早速計測。
口閉じ、尾開きで、「53㎝」と、以外と短い∑(゚Д゚)

ただ太すぎ‼︎ひし形の超ナイスボディの綺麗なバス‼︎

下のバスは、年末釣れた52㎝ですが…厚みが違い過ぎる(^_^;)笑

しかもこれが初バスと言う幸先のよすぎる友人。

正直、羨まし過ぎます。(笑)


気を取り直して

自分も初バスを釣りたい!とライン巻き替えを完了し、湖畔に向かいます。

キャストしてしばらく丁寧にシェイクしていると…「ツンツンッ」と小さなアタリが!

やっときたチャンスに、身構えてフッキング、しますが…

「つるっ…」

「えっ⁉︎」

とすっぽ抜け(´Д` )

「マジか、久々のアタリやったのに」と意気銷沈。

その後もアタリはあるものの、ことごとくミス(ー ー;)

気分を変えるため移動です。


午後の部

13:00 p.m.

気がつくと早くもお昼、昼食を済ませ、「初バス釣りたい」と午後の部開始!

…と意気込んで向かいますが「なんか風強くないか?」と走行中、車に吹き付ける風の音が気になります。(^_^;)

次の釣り場に到着すると、吹き付ける風で湖面が波立っております…(´Д` )笑

携帯で風速を確認しますが「4m」とのこと。

「んなわけ無いやろ!」とツッコミを入れ、釣りスタート。笑

ライトリグからスタートするものの、ラインが風に流され釣りになりません´д` ;

「そりゃそうですよね」ってことで、仕方なくメタルバイブに結び変えますが

ラインが流されどこで何をやってるのかさっぱり掴めません。(;^_^A

「メタルもできんのかい」とまだ引けそうなTNトリゴンも投げますが…

2時間ほど頑張りましたが、流石に心が折れ仕方なく竿をしまいました。_| ̄|○


最後に

終わってみると釣り始めで「ボウズ」という幸先の悪いスタート(T . T)笑

「冬のバス釣りは甘く無いぞ」と突きつけられました。

ただ今回、友人が釣った魚のように、冬には他の季節ではなかなか釣れない様な“規格外のバス”が釣れる季節でもあります。

去年は好調に来ていた為に、年初め早々の「ボウズ」は流石に、ダメージ大きいです。

「ちょっと愚痴っぽくなってしまいました、すいません」。

まあ「釣り運を貯めた」と自分に言い聞かせて、お終いとさせて頂きたいと思います。笑


最後まで読んで頂き本当にありがとうございましたm(_ _)m。