どーも、こんにちは。

tk(ティケイ)こと、タケダです。

今回は、近日発売⁉︎もう店頭に並んでる所もあるかもしれませんが

DSTYLE [D-JIG COVER]について書いていきたいと思います。^ ^


はじめに

 
去年の製品発表から心待ちにされていた方も多いのではないでしょうか?


自分はまだ購入できていませんが、非常に期待大な商品です。

特に、2.8g、3.3gは見つけたら即買いレベルですね。(笑)

 
現在発売中の「D-JIG」をカバー攻略に特化させたモデルである、「D-JIG COVER」。

出典:オオツカBASS

前回の「D-JIG」は〈青〉のパッケージでしたが、今回のパッケージは〈赤〉なんですね。(カッコイイ)


出典:DSTYLE


D-JIG COVERの特徴

 
・feco認定商品
・カラー 12種類
・価格 ¥700(税抜)
・ウエイト (1.8g/2.3g/2.8g/3.3g/3.8g)

純タングステンを使用

ヘッド部分に純タングステンを使用する事により、従来のスモールラバージグより、ヘッド形状がよりコンパクトになることにより、ストラクチャー 回避性能、フォールスピードがUP。

オリジナル設計のフック

ベイトフィネス、パワーフィネスの使用を考慮した、カバーの奥のバスや、BIGBASSにも負けない、強靭な太軸設計のフック。
フッキングに関しても、ゲイブやシャフトの長さなど、細かい所まで作り込まれたフック。

こだわりのラバー

ラバーの、ハリ、硬さ、カット形状のみならず、断面にも注目し、拘りを詰め込んだラバー。

ナチュラルカラーのガード

反応したナイーブなバスにも、違和感を与えず、見破られにくいナチュラルカラーのガード。


DSTYLE MOVIE

YouTube動画でも、「D-JIG COVER」を青木さん、ご本人が紹介されてます。

興味がある方は是非こちらもご覧ください。


インプレ追記

2017-01-11追記


 
2017-01-15追記
 


さいごに

以前の記事「大好きなBFカバージグを改めてご紹介」を、読んで頂いた方はわかりますように

現在自分は「BFカバージグ」をスモラバのベースとして使っております。

ただし、今回の「D-JIG COVER」には「BFカバージグ」には無い特徴もあり、使い分けとして導入したいと思っております。

購入次第、その使い分け等のインプレも上げたいと思いますので、宜しくお願いします。


最後まで読んで頂いきありがとうございます。