どーもこんにちは。

tk(ティケイ)こと、タケダです。

今日は、30日に釣り納めと思っていたのですが、実は友達に誘われ、31日も釣りに行っちゃってたのでその記録です。(笑)


2016-12-31 (土)

天候 晴れ

気温 12〜2℃

風速 4m


釣り場に到着

 
1:00 p.m.

 
この日は、友達からお誘いをうけて、昼食を済ませ、お昼からのスタート、比較的暖かく、時より風が吹くものの、非常に釣りがしやすい日でした。

 
池に到着すると「減水しとるな」と友達が、見ると確かに1mほど、減水している様子。

 
この時はあまり気にしてはいなかったのですが、冬で、しかも急激な水位減少は、普通に考えるとよくないですよね…。

(参考)

最初にラインに結んだのは、「ソウルシャッド(多分)62のDR」を護岸のブレイク、対岸の岬なんかを、ただ巻き、ストップ&ゴー、ジャークなんかも織り交ぜながら流していきます。

 
途中から、護岸際には珍しく、リップラップが点在するポイントに差し掛かったのでスタッグを避ける為、スモラバにチェンジ。

(エグジグラバー仕様)

スモラバ「BFカバージグ3.5g+ディトレーター」を、リップラップの隙間を縫いながら、シェイクして通していきます、ですが全く生命感が感じられません。

 
リップラップポイントは見切り、岬が絡む場所へ、次の場所は、先日の記事「バス釣りと言う名の修行」で最後の最後で釣らせてくれたポイント。

 
最近、好反応なピンテール系ワーム、アングリースティック、ダウンショットをキャストしていきます。

(参考)

キャストを繰り返しますが、全くと言っていいほどアタリが無い…(^_^;)

 
よくよく考えると、そう…、減水によって以前攻めていたポイントの水深が変ってしまっているのです…。(°_°)

 
それでも、めげずに、懸命にバスの移動先を探します、以前よりディープな、水深のある方向へキャストしますが、粘っても、粘っても、何も起きず…。

 
背中に太陽を受ける方向で釣りをしていたので、もしかすると対岸の方が水温が高いかもと、対岸への大移動を決意。

 
もともと対岸にいた友達に「どーすか?」と聞くと「全くやな」と、こちら側も釣れいない様子、1番深い場所でメタルバイブに当たる魚はいるみたいですが、ガッツリ食ってくる感じではないとの事。

 
この後、対岸側でも、1時間ほど粘りましたが、魚っ気が皆無で、心をポッキリ折られ移動を決意。笑


移動!

4:00 p.m.

 
次の場所は、魚が比較的探しやすい小規模野池、時刻は4時を回り、日没も迫っているため急いで湖畔に向かいます。

 
先ほどから付けっ放しのアングリースティックを結び直し、スタート。

 
すると開始、数十分、「ココッ‼︎」と良いアタリからの、ラインがスーっと入っていきます。

 
「キタッ!、久々のアタリ、デカいじゃねーの」と、意気揚々とフッキングからのゴリ巻き…

 
期待もむなしく、スーっとクルクル回りながら寄ってきます。(^_^;)

そう、コバッチです(泣)

 
ですがこんなにも小さいバスなのに「すっっごく嬉しい‼︎」、だって釣り開始から3時間粘ってからの1本目(笑)

 
これに続けと、日没まで、キャストを続けましたが、まさかのこの日は、1本のみで終了となりました(T . T)

 
前日に、良い魚に触れているだけに、ショックが大きいですが、このコバッチ君が「本当の釣り納め」の魚となりました。(^_^;)

 
「まあ、こんなもんでしょう」と、釣り運を来年に持ち越したと前向きにとらえ、本日はstopfishingとなります。笑


最後に

今日の反省点としては、最初のポイントで「以前釣れた魚」に引っ張られ過ぎた事だと思います。

水位の変動によって自分の持ってるピンのポイントをことごとく潰され、手も足も出ない状況でした。

今後の課題としてはその時、その時の状況にアジャストできるような、知識、経験を積んでいかなくてはと思っています。


最後まで、見苦しい文書を読んで頂き本当にありがとうございました。m(_ _)m