どーも、こんにちは。

tk(ティケイ)こと、タケダです。

今年も残すところ、あと1日ですね。

今日は、おそらく釣り納めとして最後の釣行となる

本日の釣果報告をして行きたいと思います。


2016-12-30 (金)

天気 晴れ

気温 3〜11℃

風速 4m


最初の池に到着

AM8:00

 
今日は、〈前日の釣行〉とは打って変って、晴天に恵まれ、まさに冬には、最高の釣り日和となりました。

 
最初に着いた池は、奇しくも全抜きの為、減水して魚が固まっていると噂の某池へ。

 
初めて来た場所なので、とりあえず最近お気に入りの「アバカスシャッド」ダウンショットからスタートします。

(参考)

とりあえず、目に付く場所(ブレイクラインや岬状に張り出た沖)などを、重点的に探っていきます。

 
…が反応がないので、ワームチェンジ、お次は、好調なピンテールスティック。

(参考)

釣り場に着いて、1時間ほど立ちますが生命感が皆無です。笑

 
ピンテールに変えてからも、一切アタリは無く、断念。
 
今まで、ピンスポットばかり撃っていたので広く探る為、TNトリゴンにチェンジ。

(参考)

トリゴンを連投しますが、うんともすんとも言わず、一緒に行ってた友達も

 
「どろ〜や(´Д` )」(移動しようや)

 
と、あまりの生命感の無さに、見切りたい様子、ってな訳で移動でございます。(笑)


次の釣り場へ

 
AM 9:30

次の場所は、個体は少ないがデカバスの実績もある中規模野池。

 
池に近づくと先行者の方が…(・・;)

 
「こんにちは、すいませんあっちの方、入らせてもらっても大丈夫ですか?」と挨拶すると

 
「いいですよ^ ^」と優しいお言葉。

 
お言葉に甘えて、池の角あたりに入らせて頂き、釣り開始。

 
とりあえず、ピンテールワームからスタート、対岸方向へキャストし、丁寧にシェイクして行きます。

 
すると先行者さんが気を使ってくれたのか、しばらくするとその場を離れていきます。

 
「悪い事したかな?」と不安になって、遠目から見ていると、先行者さんがヒット!

 
何を投げていたか、聞けなかったので、確認はできてませんが、ロッドをジャークしていたので、恐らく、ジャークミノー系。

 
遠目から見ても結構いいサイズ、心の中で「おめでとう」を言い、釣り再開。(笑)

 
このタイミングでワームチェンジ

(レッグワーム、ベイトを意識してホワイト)

 
この日も、時より強目の風が吹いていたので、風の当たらない側へキャスト。

 
最初は水深の無い場所にキャストしていたのですが、反応が無く徐々にディープ方向へ。

 
すると、「フッ」とラインが軽くなり、違和感を感じて、ロッドを止めました。

 
「こんな所に落ち込みあったかな?」と、ゆっくり入って行く、ラインの行く先を眺めます。

 
 
「ありゃ、底つかんな⁉︎」

 
 
「おかしい、『バスや‼︎』

 
と糸ふけを取り、『渾身のフッキング』ですが…、動かない⁉︎。

 
「えっ根掛かり?」…、と思った瞬間

 
「グググっ〜」と思いっきり竿が引っ張られます。

 
「デカい‼︎」、と雄叫びをあげます。

 
「ガンッ」、「ガンッ、ガン」とMLのロッドが弧を描いてしなります。

 
なかなか上がってこない個体、「頼む、バレんなよ」と心の中で祈りながら、慎重に寄せていきます。

 
すると明らかにデカい魚影が‼︎

 
もう心臓、バクバクでランディング‼︎

 

デカバス、キターーー‼︎

 

 
オオクチバスの名にふさわしいビックマウス♪

 
早速、計測

 
興奮で、メジャー斜めっていますが、口閉じ尾開きで『52㎝』!!

 
釣り納めには最高の魚となりました。^ ^

 

 
最後まで、お見送りしました。(笑)

 
この後、一匹、同じパターンで追加。


 
今日は、友達に急用ができた為、残念ながらお昼で終了です。

 
おわり。


最後まで読んで頂きありがとうございました。