皆さま、こんにちは^ ^

週末なのに釣りに行けず、もやもやしている tk(ティケイ)こと、タケダです。

今週は、またドーンと気温が下がり、いよいよ冬本番って事で

自分がダウンショットで使ってるワームをご紹介します。


まずはじめに「レッグワーム」…

っとか、書きたかったのですが「ありきたり過ぎる」、「どっかで見た事ある記事」…

とか、なりそうなので(´Д` )笑

今回は「レッグワーム」、「カットテール」、「クロステールシャッド」「アイシャッド」など定番モノは封印したいと思います。

(自分追い込んで、あとあと痛い目見そう)笑

自分は冬のバス釣りに関して、メタルバイブ(リアクションの釣り)なども投げますが

基本、”食わせ”の釣りが好みです。

(無理やり食わせた感が、好きじゃない)

まあ”食わせ”で釣れなければ、間違いなく投げますけどね(笑)

ということで本文になります(今更)


ではまず最初

一発目は[NOIKE]、「ピンテールスティック」です。

出典:NOIKE

「もう使ってるよ」って方はスミマセン(^^;;笑

でもあまり使ってる人を見た事がない気がします(自分の周りだけかも)…

ただこちらの「ピンテールスティック」、非常に良く釣れるワームです。

[NOIKE]のワーム自体、釣れるワームが多いと思いますが(ケムケムシャッド、スマイルワームなど…)

以外に使ってる人が少ないのが、自分の中でも”お気に入り”のポイントだったりします。

周りがレッグワーム投げてて釣れてない中、自分だけ、この「ピンテールスティック」で釣れた経験が結構あります。

使い分けとしては、やはりアピール力には、少し物足りなさを感じるので

ここっていうピンの”小場所”で投入するワームという位置付けですね。

ちなみに[NOIKE]のワームの中で、同じピンテールワームのファットバージョン、「レットビー」、「マッチョビー」などもオススメです。


さて二発目めは

[JACKALL]、「シザーコーム」3インチになります。

出典:JACKALL

「おいおい定番かよ」と思われるかもしれませんが「ダウンショット」に関して言えばあまり見かけないですね。

言わずと知れた[JACKALL]の「シザーコーム」亀山ダム、スーパーロコ[川島]さんが作られたワームですね。

ピリピリっと、艶かしく動く無数の足

人間から見ても「釣れない訳がない!」と感じるはず。

使い分けとしては、「ベイトフィッシュ」、「シュリンプ」、どちらにも化けるワームだと思っていますので特にこだわりなく”万能”ワームとして使ってます。

自分のオススメは3インチですね^ ^


最後になりますが

[Gary YAMAMOTO]
「ディシュワーム]になります。

出典:ゲーリーインターナショナル株式会社より

[青木大介]さんが開発された「ディシュワーム」、”I字系”のただ引きのイメージが強いと思いますが

自分はこれを「ダウンショット」で使ってます。

「もう使ってるよ」って人は、流石ですと言いたいです^ ^笑

偏平のボディにより、パンパンっと跳ね上げると不規則な動き、フォール中のフラつきが気に入り使わせてもらってます。

これは自分の勝手な思い込みなんですが、シャープな”ブルフラット”的なイメージで使ってます。

使い分けは「リアクション」、「何やってもダメな時」に投入するワームという位置付けです。


これは、番外編になりますが最近お気に入りの[アバカスシャッド]も「ダウンショット」で多用します。

(以前の記事「FLASH UNION.アバカスシャッドのインプレ」のリンク貼ってます、よければどうぞ^ ^

今回は、まだ使い初めて、日が浅いので番外編という形で、発表させて頂きました。


ちなみに自分が使ってる「ダウンショット」 で使うシンカーの基本的な重さは、3.5gです。

そこからリアクション要素を増やしたい、遠投したいなら、5gから上

逆に「プレッシャー結構かかってんな」って時は2.5g位まで落とす時もあります。

(ベイトフィネス、ライン8〜12ポンドの場合)。

以上


最後まで読んで頂きありがとうございますm(_ _)m

本当は5選にしようとしてた事は内緒で(笑)